新着情報 | 鉄材・線材加工・曲げ加工なら清水線材工業所 新着情報 | 鉄材・線材加工・曲げ加工なら清水線材工業所

新着情報

自動車はどのような部品で作られているのだろうか?

今回は自動車がどのような部品で作られているのか紹介したいと思います。私たちが普段当たり前のように乗っている自動車ですが、果たしてどのような部品で構成されているのでしょうか?

自動車が好きな方もそうでない方も楽しめる内容になっています。時間がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

自動車は、非常に数多くの部品から構成されています。大きく分類すると、ボディ、シャーシ、エンジンに分かれます。以下それぞれどんな特徴を持っているのか紹介していきます。

・ボディ

ボンネット、ドア、トランクリッドなどを指し、基本的に鋼板で構成されています。

 

・シャーシ
シャーシはもともと、クルマの骨格となるフレームを意味していました。

フレームの役割をボディが担うようになった現在は、サスペンション、ステアリング、タイヤ、ホイールなど、おもに足回り関連の構成部品を表すことが多くなっています。

 

・エンジン

エンジンはクルマの心臓部ともいえるもので、熱エネルギーを機械的エネルギーに変換する内燃機関です。

ドライブトレインは、トランスミッション、ドライブシャフト、デファレンシャルなど、エンジンの出力を駆動輪に伝えるための駆動系部品の総称です。

 

線材加工は高いスキルを持った有限会社清水線材工業所にぜひお任せください!

東京都西多摩郡檜原村にある有限会社清水線材工業所は線材加工によって日本製自動車の部品を製造しております。

オーダーメイドの鉄材・線材加工・鉄曲げ加工など何かお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから